モテるファッションを目指すなら最低抑えておきたい3ポイント+1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり見た目は大事

結局そこかよ。と聞こえてきそうだが、そうではない。以前も話したように清潔感をいかに出せるかが重要である。いくらイケメンでも不潔だとやはりモテる人にはなれない。それと同じように服装にも最低限気を配れるようにならなければ、やはりいくらイケメンでも台無しである。

第一印象はやはり見た目で多くの人は判断する。人それぞれ線引きがあって、ここまではOKここからはNGと無意識に判断している。今回はそのラインをクリアするためのポイントを紹介したい。

季節感や色使いを意識する

簡単に言えば、真夏に真っ黒な格好は暑苦しいし真冬にいくら自分が平気でも半袖のTシャツ姿は寒々しい。要するに春はピンクや黄、水色などの淡い色、夏は白を基調にしたり、少しインパクトのある明るい色をチョイス、秋~冬に掛けては茶、紺、黒などの暖色系の色を選んで欲しい。それだけで随分と見違えたりするものだ。

服装は相手に与える印象がかなり大きい。だらしないとか、汚らしいなど感じさせないように気を使って欲しい。

ジャケット

試着をしっかりしてサイズのあったものを着る

メーカーやブランドによって同じサイズでも若干の大きさが違う事はありがちなので、表示に惑わされずに試着してみる事だ、サイズより大きいものを着ていると必要以上にだらしなく見えてしまうので気を付けたい。

忘れがちだが、靴にも気を遣う事

おしゃれは足もとからとも言われるぐらい、靴は想像以上に重要なポイントだ。いくら服装が完璧でも靴がボロボロのスニーカーだと全てが台無しだ。隣でいる人が一緒に歩くのも恥ずかしいぐらい靴は目につくのである。季節感や色使いでも説明したが季節毎や服装に合わせた色の靴を数足は用意したい。仕事で革靴を履くからと言って、何を着ても革靴で済ますなんて事はNGだ。

革靴

見た目とはあなたの中身を映し出す事

  1. 季節感や色使いを意識する
  2. 試着をしっかりしてサイズのあったものを着る
  3. 忘れがちだが、靴にも気を遣う事

この上記3つのポイントをしっかり抑えて、清潔さを出せればモテる男に近づく事も可能だろう。このブログで再三言っているが、見た目とは顔や身長の事ではない。もちろん顔が良いに超したこと事はないし、高身長のが有利かも知れない。だが卑屈にならず自分の弱点を正攻法で補う事で強味にもなるのだ。服装だけではなくしっかりと自分に磨きをかけて欲しい。

モテる身だしなみ
モテるための身だしなみとは何か? これまで散々「見た目」の話をしてきたが、今回はもう少し突っ込んで「身だしなみ」の話をしてみよう。 ...

さらに磨きを掛けるための便利アイテム

服装に気を使う事になれば、最近の流行や着こなしを知りたくなるかも知れない。しかしネットで調べるにしてもおしゃれ初心者の君たちはどう検索すれば良いかもわからないし、その情報が最新のものかも不明だ。かと言って書店でファッション雑誌を買うにもどれを選んでいいのかわからないだろうし、何冊も買えば出費もかさむし毎月となれば尚更だ。しかもちょっぴり恥ずかしい(笑)

そこで、そんな時に役に立つのが電子書籍だ。例えばNTTドコモの「dマガジン」などは月々400円で約160誌の雑誌が読み放題だ。もちろんファッション関連の雑誌も豊富に用意されている。ドコモユーザーでなくても利用可能なのでぜひチェックしてみて欲しい。

dマガジン

※ちなみに筆者はNTTドコモとは全く無関係なのでリンク先に飛んでも1円の得にもならない(笑)

まとめ

今回はモテるファッションを目指すためのポイント3つ紹介したが、この通りやればモテる事を保障しているわけではない。あとは自分自身で磨きを掛けるしかないのだ。服装も清潔感も自分の中身を映し出す方法でしかない。いくら見た目は悪いが中身が良いですよと訴えてみても、他人は君の見た目をまず判断するのだ。一つずつクリアして中身の良さをしっかりとアピールして欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク