ブサメンでもイケメンに勝てる!ギャップでモテる簡単な方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブサメンに恐れるモノは何もない

良くも悪くもイケメンだと出来て当たり前でブサメンがやると目立つ事もある。
例えば「イケメンでオシャレ」なんてのは、まぁ普通だ。「イケメンだけどダサい」の方がよっぽど痛い。

だけど「ブサメンでダサい」は普通?だし「ブサメンだけどオシャレ」はポイントが高い。
「イケメンで優しい」「ブサメンだけど優しい」、「イケメンだけど自分勝手」「ブサメンで自分勝手」どうだろう?並べて書いてみると不思議なもので、イケメンが気の毒になる。

こうして見るとブサメンが決して不利な条件ではないのだ。逆にイケメンには絶対に出せないギャップを生み出すことが出来る。恐れるモノは何もない!このギャップを魅力に変える事がモテるコツだ。

ギャップは大きい方が良い

誰にでも一つぐらいは、得意な事があるだろう。ボーリングが上手いとか、カラオケが上手いとか、ツムツムで1000万点出せるとか(笑)
とにかく得意な事をさらに磨きをかける事だ。ギャップの差があればあるほど、プラスの効果になる。ただ、ツムツムはあまり披露する場面もないから特技の一つとして、そっとリストアップだけしておこう。

例えばカラオケが得意なら歌唱力に磨きを掛けるのだ。すると「ブサメンなのに、歌がすごく上手い」になり「見た目普通だけど、歌が超上手い」と評価が変化していく。

他にも「ブサメンだけどオシャレ」がオシャレに磨きを掛けて清潔感がプラスされると「ブサメンだけど小ざっぱりしててオシャレ」となり、最後は「彼、小ぎれいだし凄いオシャレよね」と顔の評価がなくなる。

もしも何にも得意な事がないなら、「優しさ」「気遣い」「マメ」この3つを磨く事だ。この3つだけでも相当なギャップを生み出す事が出来る。但し中途半端はいけない。中途半端だと「ただの優しい人」下手をすると「下心見え見え、気持ち悪い」となってしまう。優しいだけでも、気遣いだけでも、マメだけでもダメだ。全てを磨き上げる事だ。後はこれに「清潔感」だ。身の回りはいつも整頓されていて、いつもオシャレではないが小ぎれいな格好をし君が通り過ぎた後リンスの香りがすると、これが意外性になるのだ。このギャップの差は少々のイケメンでは埋める事が出来ない。

モテる身だしなみ
モテるための身だしなみとは何か? これまで散々「見た目」の話をしてきたが、今回はもう少し突っ込んで「身だしなみ」の話をしてみよう。 ...

イケメンでモテない原因

イケメンなのにモテないって話もよく聞くが、ここまで読めば理由は想像つくだろう。大抵の場合「俺、顔は悪くないと思うんだけど…」なんて思ってる。だから、ほどほどの優しさと、ほどほどの格好しかしてないし、さして努力もしない。逆に言えば第一印象が良いがために残念な部分があると落差が大きく感じてしまうのだ。結局イケメンはイケメンなりに期待を裏切らないために努力をしなければならない。正直イケメンの人には読んで欲しくない内容だが、実際イケメンが努力をすれば、ブサメンは到底叶わない。それだけ天から授かったモノの差は大きいのである(笑)

まとめ

努力をしないイケメンと努力をするブサメンでは、ブサメンに軍配が上がる。これは間違いのない事実だ。たとえ努力をしないイケメンがモテたとしても、それは一時的なモノで必ず化けの皮が剥がれる。そんな時もブサメンは必死に努力をするのだ!人間顔じゃない。後はどんな時も明るく笑顔でいる事!それがブサメンがイケメンに勝つ方法だ!検討を祈る!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク