モテる身だしなみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モテるための身だしなみとは何か?

これまで散々「見た目」の話をしてきたが、今回はもう少し突っ込んで「身だしなみ」の話をしてみよう。

モテるための身だしなみと聞くと、服装だとかヘアースタイルだとか色々想像するだろう。かと言って今モテない君達がブランド品で身を包んだり、美容室へ行ってヘアースタイルを整えても恐らくモテる事はない。考えてみればわかるだろう?まずブランド品を着こなせないし美容室へ行ってもどんなヘアースタイルにしていいのかもわからない。当然の結果だ。

それよりも先にする事があるのだ。着こなしの勉強?ヘアーカタログのチェック?いやいやそれも必要な事かも知れないが、もっとする事がある。

それは清潔に見せる事だ。

男なら当然生えるであろう髭の処理、鼻毛なんてもってのほかだ。服装がヨレヨレだったりするといくら高価な物でも意味はない。体臭もそうだ。汗臭かったり、ある程度の年齢になってくると加齢臭や頭の油の臭いなど、いくら身なりが綺麗でも臭いを振り撒いている時点でアウトだ。

ひげそり

今すぐ出来るモテる身だしなみ

私の例で説明してみよう。最近極端にはしなくなったが、一番極端な時は下着は1日3回は最低着替えていた。朝起きて着替え仕事に行き、三部制の仕事だったので昼過ぎに一度帰宅するのだが、モチロン帰宅したら着替えて再び夜の出勤時に着替える。仕事が終わって帰宅するのは深夜になるが、入浴をしてモチロンまたここで着替える。普通に4回だな。下着と言ってもパンツ・アンダーシャツ・靴下である。ネクタイを締めていた仕事なのでワイシャツも2回着替える事になる。ここまで徹底して自分の汗の臭いを嫌っていた。

アンダーシャツだが、私はTシャツでも下にアンダーシャツを着る。なぜならTシャツに汗が染みるのが嫌だからだ。まぁもう何だか病的な感じもするがそこまで徹底していた。当時は結婚していたので、その頃の妻は洗濯大変だったろう。

元々臭いがあまりしない体質なのだが、それ故に少しでも汗の臭いがすると人一倍神経質になってしまう。

まぁここまでしろとは言わないが、人間寝ている間に必ず汗はかく。だから寝る前に着替えたとしても朝は着替えて欲しい。あと脇の臭いのある人、今時はその手の対策商品は山のように販売されている。必ずセルフチェックをして対策する事だ。

絶対にやってはいけない事

勘違いしている人も多いかも知れないが、臭いを香りで誤魔化す手法は絶対にやってはいけない。どんなに良い香りでも臭いのを誤魔化すためにすれば、悪臭にしかならないのだ。あと香水かぶったのか?と思うぐらい振りかける人もいるが、限度を過ぎるとこれも迷惑でしかない。香りというのはとても重要で直接脳に刺激を与える。普段から香水を使うと麻痺してしまって過剰に使いがちだが、ほんの一滴で十分なのである。それと使うなら安物は使うな。安物ほど香りの持続力が弱く麻痺に陥りやすい。

出来るなら香水を使う前にまず無臭になる事を強くオススメする。無臭になってからでも香水は遅くはない。

香水をふる男

まとめ

清潔でいる事、まずはこれが最大の身だしなみだ。毎日風呂に入って綺麗に洗濯した衣服を着る。臭いに細心の注意を払い無臭になる事を目指す。これをすればモテるようになるわけではないが、モテない要素への対策となるのだ。モテない理由をひとつずつ潰していく。これがモテるための最適な方法である。

モテるようになれば

ハゲでもモテるから!

今回は以上だ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク