モテる男はレディーファースト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディーファーストやってる?

直訳すれば「女性第一」なんだけど、じゃ実際どんな事がレディーファーストなんだろね?
最近はよく草食系男子なんて言葉を耳にするけど、僕らの時代は「アッシー」「メッシー」なんて言葉があった。アッシーは足代わり=いわゆる、電話一本でいつどんな時でも迎えに来てくれる男子。メッシーはご飯を食べさせてくれる男子。ご飯を一緒に食べたら基本即バイバイ(笑)時には友達までついてきて友達の分までお支払い。でもこの男子達はガツガツしてたし下心もあったんで、レディーファーストとはちょっと違う気がするし草食系男子とも違う気がするね。

基本のドア編

よく洋画なんかでレストランに入る時に男性がドアを開けて女性を先に入るようにエスコートしてるシーンを見るよね?まぁ簡単に言えばあーいう事。ただ映画のようにやると基本相手に引かれる(笑)

じゃどのようにすればいいのか?
一言でいえば「さりげなく」あくまでもさりげなくやる。ここが重要。身近な人で練習してみて下さい。もうこの際だから、男でもいいよ!まぁおかんに協力してもらうのもありだがw
ふたり並んで歩いて一瞬だけ早くドアに手をかけ開けてあげる。ドンドン先に歩いてとか、駆け足でとかはカッコ悪い。相手に自分の背中を見せない!とにかく何十回何百回やればさりげなく出来るようになるから。

ドアを開けてあげる

出来ればカッコいい車編

ドアがある程度「さりげなく」出来るようになれば、次は車の助手席。これが出来ればカッコいい!
ドアの時と要領は同じだけど、会話をしながら車の助手席側に一緒に歩いて行き、相手がドアを開けるスペースを取る際リア側に移動した時「さりげなく」開ける。相手の反応は「あ、ありがとう」なんて言葉が返ってくるかも知れないが、決して動じずニッコリ。乗ったのを確認してドアを静かに閉めてあげる。この時、ドン!と車が揺れるような勢いで閉めないように。あくまでも「さりげなく」そして「静かに」だ。
そして何事もなかったかのように、運転席に乗り込みエンジンスタート。
いやぁカッコいいねぇ(*’▽’)

飲食店ではこうやる!

まず店内に入ったら、必ず相手より前を歩きスタッフに案内されない限りは自分で席を決める事。間違っても「どこがいい?」なんて聞かない事。席も決めれない男は論外。
次に椅子にもよるが明らかに座り心地の良い椅子ががある場合は必ず相手をそこへ促す。ここでも同じだが「そっち座りなよ」なんて事は決して言ってはならない。そこに座るしかないように自分の立ち位置を考える事。そして相手が座るまでは決して先に座らない。よく先に入ってそそくさと楽な方へ座って態度もデカく行儀の悪いヤツがいるが論外だ。

メニューは必ず相手が見やすい方向で開いてあげる。その上で相手がお互いが見やすいようにと心づかいをしてくれた場合は受け入れてよし!
注文はすぐ決める事、相手が考えている間に決める事。メニューをパラパラいったりきたりはしない。
飲食店ではやるべき事がまだまだあるのだけど、一気にはマスター出来ないだろうから、もう少し先で…

ふたりで飲食店

まとめ

どうだろう?レディーファースト少しは理解できただろうか?要するに相手が心地よく感じる事をするのがポイント。決してワザとらしくとか、やってる感を出しては逆効果。相手に対して優しく、とにかく優しくする事を心掛ける事だ。そうすれば、おのずと方法がわかるはず。

ちなみに自動ドアの時は、先に自動ドアを開けて入り、入ってすぐの場所で相手を待つ。相手が入る途中でドアが自動で閉まるのを防ぐためだ。そして風除室を抜けた先の手動のドアを開けてあげる。ドアでのポイントは室内に入る際は必ず相手を先に入れ少し前を歩き、室外に出る時は必ず相手を先に出して並んで歩く。

とにかく実践あるのみ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク