オアシス運動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

挨拶してる?

恐らくろくに挨拶なんてしてないよな?最近はどうだかわからないが、昔「オアシス運動」なんて事をよく耳にした。

お=おはようございます。お疲れさまです。
あ=ありがとう。ありがとうございます。
し=失礼します。失礼しました。
す=すいません。すいませんでした。

こんな風に挨拶の頭文字をとって、みんなで挨拶を心掛けようって運動だな。モテるためには最低限これぐらいの挨拶はして欲しいのだが。

このブログを書くにあたりモテる方法が書いてあるWebサイトを見まくったが、7~8割が「モテるためには女性と話せるようにならないとダメです。」なんて事が書いてある。そんな事が簡単に出来るんなら苦労はしない。そうだよな?

だから俺が導き出した答えが「オアシス運動」だ。しかしこの「オアシス運動」も話し下手の君には難易度が高いだろう。まず「オアシス」の最初の「お」=「おはよう」だ。これがとんでもなく難易度が高い。考えてもみろ、だれかれ構わず「おはよう」なんて言えるはずもない。それが言えれば君の人生は今頃バラ色に違いない。年齢=彼女(彼氏)いない歴なんて事になるはずもないのだ。スタートから行き詰るの間違いなしだ。

ありがとう

そこでだ、効果的かつ一番難易度の低い言葉を導き出した。それが「ありがとう」だ。なぜなら時間の限定もなく何かと言う機会が多い、その上それを言ったからと言ってそれほど他人は意識しないからだ。それだけじゃない、これを言い続ければ話しかけるチャンスにも繋がるし逆に話しかけてもらえるチャンスも生みやすい。素晴らしい言葉なのだ。「ありがとう」と言われて怒る人もまずいないだろうし、逆に好印象を持ってもらえる確率が高いのだ。

ありがとう

使用方法

ただしだ!これを読んだ瞬間から、とにかく「ありがとう」と言え!これは絶対だ!例えば毎日行くコンビニ、店員さんがレジを打ってくれて商品を袋に入れてくれた。お釣りを返してくれた。ここで「ありがとう」だ!飲食店で席を案内された。ここでも「ありがとう」。注文した食べ物を運んで来てくれた。はい「ありがとう」。もちろん食べている途中にお冷を入れてくれた。ほれ「ありがとう」だ!

もうどんな時でも、たとえどんなに小さい事でも君のために何かをしてくれたのなら、全て「ありがとう」と言うのだ!これだけだ!簡単だろ?
あ、そうだ忘れるところだった!飲食店で食べ終わってお勘定をする時は「ありがとう」だけじゃだめだぞ!必ず「ご馳走様でした」だ!これは絶対だ!

お辞儀

まとめ

「ありがとう」って素晴らしい言葉だ。誰も不快な思いをする事もなく言った君は好印象を持ってもらえる。そしてたったの5文字だ。もうモテるモテないの領域ではない。しかし言わなければモテる事はない。これは間違いのない事実だ。

最後に必ず忘れてはいけない注意点を記しておく。相手が誰であろうとも同じように「ありがとう」と言う事。君の好みの相手ではなくても、男でも、オッサンでも、おばちゃんでも、君より若い糞生意気な兄ちゃんにもだ!必ずだ!いずれ君のためになる。どう君のためになるかは少し成長した君が読む事であろう中級編でお話しする。それまではとにかく

ありがとうだ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク