カッコいい立ち方でモテる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目が大事

ここでの「見た目」の意味する事は、顔や洋服のセンスの事ではない。
ズバリ「立ち方」だ。
想像して欲しい。あなたが思うカッコいい人って背筋が曲がっていてうつむき加減だろうか?
カッコいい人って、スラリとして背筋が伸びていて何処となく笑顔が輝いていないだろうか?
スラリとカッコいい人で思い浮かぶのが、一流ホテルのホテルマンとか代表的なのはモデルとかだよね。ファッションショーで背筋丸い人がウォーキングしてるのは見たことないと思う。
そこで今回は「立ち方」をレクチャーしてみたい。

立ち方の基本

まずはいつも通り普通に立って欲しい。それが楽な姿勢で立っている状態。
次に足の踵をつけ30度ぐらいの角度で足を開く。そこから両腕を上に伸ばして精一杯背伸びをして欲しい。精一杯だ。苦しい状態まで背伸びが出来たら、そのままの態勢で静かに踵だけ地面に着ける。そして両腕も静かに下す。この時も、もちろん態勢は維持したままだ。

背伸び

この時の両手は指をしっかりと伸ばして両足に沿うように置く。そして最後に軽く顎を引く。
どうだろう?苦しいと思う。しかしこれが美しい立ち方なのである。
わかると思うが、腹筋・背筋をしっかり使っているのが実感出来るはずである。とにかく苦しい、慣れない間は苦しくて仕方がない。もう一つコツを伝授するならば、身体測定の時に身長を測った事が誰しもあるはずだが、思い出して欲しい。男なら誰しも1ミリでも背を高くしたいと思い背骨をなんとか伸ばそうとしたはずだ。あの要領だ。もっと言うならば腰骨を伸ばす感覚だ。後は慣れだ。

身体測定

特典

カッコよく立つだけでこんなに苦しいのだけど、実は特典がもれなくついてくる。これ実はお腹がへっこむ(笑)この立ち方を実践した瞬間にへっこむ。常日頃からやっていると腹筋・背筋が鍛えられウェストが締まる。しかもバストアップ効果も若干だが期待出来る。この姿勢を維持すると胸筋も自然と使われている事が実感できるはずだ。そんなわけで、女性にもぜひ実践して欲しい。
それだけじゃない。顎を引くことで顔も引き締まって見えるし、身長も高く見える。同じ服装でも違って見えてくる(個人差あり)よくあるでしょ?広告で普通に売ってる服でもモデルさんが着ているとカッコよく見えるんだけど、自分が着ると全然カッコよくないなんて事。それが少しだけ広告にのモデルに近づけます(笑)ホントにこれは個人差がありますがw

まとめ

立ち方ひとつで、見た目の印象が随分かわるものだ。これをマスターすれば、座り方や歩き方にも繋げていく事が出来る。カッコいい立ち方ができないのに、顔や服装を語る資格はないとまで断言してもいい。基本中の基本だから、ぜひマスターして欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク