褒め上手はモテる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あばたもえくぼ

相手の欠点も長所に見えるって意味だけど恋愛の過程においては、好きな相手の事はそんな風に思えるのが不思議だ。1年2年と経つうちに現実が見えたりする事もある(笑)

しかし今回はそういう事ではない。前にも常に周りに気を配れるヤツはモテると話した事があると思うが、これが出来るようになると相手の少しの変化に気付く事が可能となる。

既婚女性や既にパートナーがいる女性は特に多いのだが、旦那や相手が自分の変化に気付いてくれない事に嘆いている場合がある。毎日当たり前のように見ていると慣れてしまい、まるで景色の中の一部になってしまっている。

別にその女性を略奪しろと言ってるわけではないが、そういう女性に対して変化を見逃さず褒めてあげる事が出来れば。君達の気配りはかなりのモノだと言う事だ。

兎に角褒める

ヘアースタイル、化粧、衣服、持ち物、目、瞳、唇、肌、手、爪、褒めるところはいくらでもある。極端に言えば、間違っててもいいのだ。「あれ、今日はいつもと違うよね?」中身なんてなくてもいいのだ。まぁここまでくると、なかなかの高等テクニックになるが「髪切りました?」って言って相手が「いいえ?切ってないですよ?」と言われても「あれ?そう?何かいつもと違う感じがしたんだけどなぁ」なんて言えば、相手はいつも自分の事を見てくれている、気に掛けてくれてるんだと認識するのだ。

私事だが会社勤めをしてた頃に20歳ぐらい年下の部下がいたのだが、未だに私に自撮り写真を送ってくれる。恋愛関係でも何でもないし、たった1回食事をしただけなんだが退職した今でも季節の変わり目と同時に夏の写真、冬の写真のような感じでLINEで送ってくれる。

褒めるテクニック

LINEアルバム

別に自慢したいわけではない。これは彼女が送ってくれた写真をLINEのアルバムに保存したものだが、これを見てどこが褒めるテクニックかわかるだろうか?ここに至るまでには、かなり時間も掛かっているのだが、まず「〇〇(部下の苗字)は可愛いなぁ、いつ見ても癒されるわぁ」と言ったり、雑に「うんうん、可愛い可愛い!」と言ったり「お!カット行った?前よりいいやん!」と兎に角褒めに褒めまくる。すると会社の忘年会なんかで、向こうから「写真いいですか?」なんて声が掛かったりする。で、まずここがチャンス。「その写真俺にも送ってよ。」なんて言えば疑う余地もなく、ふるふるしてくれる(笑)で、LINE上で軽く挨拶がてら話をしたりして、そこでも可愛いと褒めたおす。ここでも、「やっぱり可愛いなぁ」なんてメッセージを送れば、気を良くした彼女は色んな写真を送ってくるようになる。まぁ簡単に書いてはいるが、それまでに上司としての信頼度など色々あるのだが、人にはそれぞれアプローチがあるだろうから割愛する。どうしても知りたければ、連絡してくれれば教えるかも知れない(笑)

さて、ここからが本領発揮。実はアルバムのタイトルが決め手なのだ。「〇〇(部下の名前)グラビア♡」これで、相手はキュンキュンになる。自分の事をこんな風に扱ってくれるなんてって思いと、「綺麗、可愛い」と言われ続けると、このタイプの女性はもっと可愛くもっと綺麗に撮影しようと思ってしまうのである。そしてこのグラビアを増やそうとするのである。そして兎に角褒めてもらいたくなるのだ。

まとめ

今回は俺の褒め方を紹介したのだが、モチロン真似てもらっても良い。ただし何度も言うが日々の努力と積み重ねがなければ、間違いなく失敗する。なぜなら、心配りや気配りをしながら些細な変化を見落とさず、誰に対してもさり気無く爽やかに褒める事が出来るのが条件だからだ。

男女問わず誰であれ相手の良い部分を見つける事が、モテる条件のひとつなのだ。日々努力してくれ。そして健闘を祈る!

褒めると伸びる子なんだけどなぁ…

以上!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク