声でモテる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

声を届ける

私は元々パチンコホールでの経験が長い。パチンコ店と言えば機械から出る効果音や音楽、店中に大音量で流れるBGMと兎に角うるさい。そんな劣悪な職場環境なので普通に話す程度の声量ではほぼ会話が成立しない。そんな中でも来店して頂いているお客様には「いらっしゃいませ」と声を届けなければならない。だからと言って別に怒鳴りつけるわけではない。それ相当の音量ではあるが伝える工夫をしながら声を届けているのである。

飲食店に入ると「いらっしゃいませ」と当然の如く歓迎の声が届く。しかし、もしこの「いらっしゃいませ」がないとどうだろう?きっと「なんだこの店は出迎えもないのかよ」となるはずである。耳に届いて当然だが、届かないと不快なのである。

会話も同じで相手に声が伝わって初めて会話が始まり、成立する。聞こえなければやはり不快なのである。

大声だす女性

声がでない理由

大抵の場合口が開いていない。口をすぼめた状態では大きな声は普通でないだろう?(腹話術は除く)この場合は普段から口を大きく開ける運動をするのが良いだろう。とにかく口を限界まで開いて声を出す。笑顔も同じなのだが顔の筋肉が萎縮してしまっているのが多くの原因だから顔を動かす運動をするといい。

もう一つの理由として挙げられるのが「自信がない」からである。何の自信かと問われると人それぞれだが逆に自信のある事だと声のトーンもあがり自然と大きくなっているものである。となると何か自信となる事を持つのが一番である。

一番良いのは仕事だ。仕事が出来る人は基本声もでかい。仕事の上で声が大きいと言う事はメリットでしかない。声が大きいと目立つ、目立つから誰もが出来る仕事でも際立って見える。もちろんミスもするだろう、しかしそんなミスも大きな声で潔く「すいませんでした!」と謝罪されれば許せてしまうもの。

仕事はちょっと…と言うならば「趣味」を極める。何でも良い。これだけは人に負けない部分を持つ事が「自身」に繋がるのである。ただし趣味は趣味でも風俗関係やギャンブル関係は口にしない方がよい。嫌う人は結構な数いるので。

声の波形

声を出す事は目立つ事

すなわち注目を浴びる事=モテるに繋がるのである。声を潜めて存在を消していては100年待ってもモテない。努力もせずにボーっとしててもモテ期はやってこないのである。異性にモテる事が全てだと考えると偏った考えになりがちだが、職場の仲間や近所のおばちゃんにまで声を掛けられる事が全てのモテるにつながるのである。そのためにはまず自信を持てる物で目立つ事なのである。毎朝近所を掃除して回るのも良いだろう。そうすれば近所からもてはやされるだろうし、会社に誰よりも早く出勤して掃除するの良い。とにかく目立つことだ!

まとめ

世の中には「声フェチ」と呼ばれる人達がいる。低い声が好きな女子や甘い声が好きな女子もいる。かと言って顔の好みも十人十色、好き嫌いは人それぞれである。あなたの声が好きだっている人もいるかも知れない。しかし声を出さなければ、それさえも伝える事が出来ないのだ。

さぁ、今日から声出しだ!
「海が好きだーーーーーー!」

海

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク